上司

仕事ができない上司や部下の特徴と対応方法をご紹介!

こんにちは。たぬきちです。今回は仕事が出来ない上司や部下の特徴と対応方法について説明します。仕事ができないと思う上司や部下は職場で1人や2人は少なからず居ますよね。

こんな方に読んでほしい

・仕事が出来ない上司や部下の対処方法が知りたい方

・仕事が出来ない上司や部下になりたくない方

この記事を読むと仕事ができない上司や部下の対応方法と仕事が出来ない人にならないための方法を知ることができます。

職場に仕事が出来ない人が居てイラっとすることもありますがその人の特徴を知って大人の対応をしていきましょう。

仕事ができない上司や部下の特徴とは?

仕事ができない上司の特徴

部下に仕事を丸投げする上司

職場には仕事を丸投げにする上司が居ますよね。

自分で仕事を行わず、部下にばかり仕事を頼みます。仕事を丸投げする上司は部下の仕事の負担量を把握できていない可能性が高いです。

仕事を丸投げされ続けていると自分が仕事量の多さにパンクしてしまいます。仕事を任された時点でキツいと思ったら断ることも大切です。

仕事のミスを部下のせいにする上司 

仕事のミスを部下のせいにする上司は仕事が出来るとは言えません。上司の役目として部下のミスは責任をきっちりを取るのが筋ですよね。

仕事のミスが発覚した場合、上司は客先に頭を下げて素直に謝ることも行わないといけません。

仕事のミスを部下のせいにせず、潔く頭を下げる上司はしっかりしているという印象が強いです。

考え方に柔軟性がない上司

考え方に柔軟性がない上司の特徴として

  • 「今までのやり方はこうだった」
  • 「自分はずっとこのやり方をしている」

このような自分の意見を曲げない傾向が強いです。

今後の会社の成長を考えると今までのやり方に一工夫加えたり、今まで行ってきたやり方を改善してもっと効率の良い方法がないかなど時代の変化とともに試行錯誤が大切です。

だらだらと残業をしている上司

だらだらと残業をしている上司は仕事が出来ません。時間を無駄に使っています。仕事をする上で時間を有効に活用することは非常に大切です。

自分ができる仕事量を把握した上でこれからの仕事量を増やしていくことを常に意識し、時間の使い方を考えている上司は仕事のできる上司だと言えますね。

仕事ができない部下の特徴まとめ

言われた仕事しかしない部下

上司から任された仕事しかせず、常に上司からの指示を待っている部下は仕事が出来ません。上司から任された仕事に+αをして

「任された仕事が終了致しました。次に◯◯しておいてもよろしいですか?」と

積極的に仕事に取り組む姿勢を示しましょう。そうすれば上司から

「仕事熱心な部下だなぁ」「任された仕事以外にも頑張ってくれるなぁ」

といった好印象を与えます。仕事に取り組むときは常に積極的な姿勢で挑みましょう。

仕事中に文句ばかり言う部下

仕事に対して文句ばかり言っている部下は仕事が出来ません。当然ですが自分が嫌な仕事をしなければならないときもあります。我慢することも大切です。

僕が前の職場で”口を動かす前に手を動かせ”とよく言われていました。これは職人の方に言われた言葉です。できる部下は口を動かす前に1つの仕事をするという意味なんですね。その職人の方は人の2倍の仕事量をこなしていたので今になってなるほどなぁと思いました。

仕事ができない上司や部下の対応方法

仕事ができない上司への対応方法

仕事ができない上司や部下の対応方法についてまとめました。今後、仕事ができない上司と付き合っていかなければいけませんよね。

仕事ができない上司への対応方法で僕の経験上効果があったのが

「上層部の上司から直属の上司に指示してもらうこと」

です。直属の上司だとなかなか言いづらいことも多く、今後の関係を悪くしたくないですよね。そんなとき上層部から直属の上司に指示をしてもらうとすんなりと聞き入れてくれる場合が多いです。

仕事ができない部下への対応方法

仕事ができない部下に対応するポイントは

部下が仕事内容をどこまで理解しているかを知ること

です。

上司として当たり前の仕事が部下にとっては当たり前の仕事ではない場合が多いです。部下がどこまで仕事内容を理解しているかを上司が把握して1つ1つ丁寧に仕事を教えてあげてください。

仕事ができない部下」を作る前に「仕事ができる部下」をどうやって作っていくかを常に考えて教育する方が最初は労力が必要でも長い目で見れば仕事ができる部下を作ることができますね。

仕事ができない人にならないためには

仕事をするなら”この人仕事できる!”と周囲から思って貰いたいですよね。仕事が出来ない人にならないための3つのポイントをまとめました。

・知識や経験が豊富 ・的確な判断力 ・すぐに行動する

  • 1つ目の【知識や経験が豊富】だと周囲から「この人よく知っているなぁ」「なるほど!」と関心されることが多いです。
  • 2つ目の【的確な判断力】ができると問題解決にためらいが生じた時や判断に困った時に役立ちます。的確な判断ができる上司が居たら「仕事ができるなぁ」と思ったことも少なくないのではないでしょうか。
  • 3つ目の【すぐに行動する人】は仕事が早い人に多い特徴です。限られた時間の中で頼まれた仕事や任された業務をすぐにこなします。頼まれた仕事を早く終わらせることで上司から「仕事が早い」と思われることが多く、自分の業務時間も確保しやすいです。

まとめ

いかがだったでしょうか。仕事ができない上司や部下の特徴と対応方法についてご紹介しました。大切なポイントなので繰り返しますが

仕事ができない部下や上司がいる職場ではイライラしたりせず、解決するための対処方法を実践してみてください。

  1. 仕事ができない部下・・・どこまで仕事ができるのかを理解しておく
  2. 仕事ができない上司・・・上層部に指示をしてもらう

「仕事ができない人」と言われている場合は先ほど紹介した3つのポイント

・知識や経験が豊富 ・的確な判断力 ・すぐに行動する

を実践してみてください。

上下関係で職場の雰囲気が悪くなることをできるだけ避けて、良好な関係保って仕事に臨んでくださいね。

https://tanukichiblog.com/communication-in-office/

https://tanukichiblog.com/business-skill-leadership-improvement/

ABOUT ME
アバター
たぬきち
ブラック企業を経験した20代ブロガー。 仕事で悩んでいる方や職場の人間関係で悩んでいる方に少しでも役に立てたら と思い、仕事で経験したことや学んだことを記事にしています。 ツイッターもやってるので気軽に仲良くしてください^^