仕事で役立つこと

「仕事をする上で大切なこと」の面接質問に上手に答えるテクニック

就職や転職の面接で「あなたが仕事をする上で大切なことは何ですか?」という問いかけに対してどのように答えるか悩んでいませんか?

リーダーシップ?協調性?こだわり?など色々と考えてみたけれどどれがいいのか悩んでしまうことがありますよね。

こんにちは。現役キャリアコンサルタントのたぬきちです。

当記事では「仕事をする上で大切なことは何ですか?」という問いかけに対して上手く回答する方法についてご紹介しています。

当記事を読むと面接の質問に適切に回答することができるので内定に一歩近づきます!是非一読して下さいね!

「仕事をする上で大切なこと」への作文構成3ステップ

「仕事をする上であなたが大切にしていることは何ですか?」

と面接で聞かれた時上手く回答するためにはぶっつけ本番ではなくまずは作文の構成が重要です。

作文の構成は下記3つの手順です。

・大切にしていること

・その理由はなぜなのか

・具体的な内容と転職先での活かし方

1つずつみていきましょう。

ステップ1:何を大切にしているか

まず初めに自分自身が仕事において何を大切にしているかを探していきましょう。

例えば

・協調性 ・チームワーク ・向上心

・信頼関係 ・思いやり

などが挙げられます。

「どの項目が最適なんだろう?・・・」

と悩むことがあるかもしれませんが

企業にとってプラスになる内容であり、自分自身の経験に基づいて話しやすい項目であればOKです。

たぬきち
たぬきち
結論から回答すると面接官の印象もアップするよ!

ステップ2:その理由はなぜか

次にあなたが仕事で大切にしていることに対しての理由を考えていきましょう。

仕事で大切にしている項目を挙げられるのは自分の中で明確な理由があるはずです。

一文はダラダラと長くせず、仕事をする上で大切なことについて理由づけを行います。

ステップ3:具体的な内容と活かし方

最後の3ステップ目では具体的な内容を交えて転職先の企業でどういかせるかを中心に回答していきます。

自分自身の具体的な内容を述べることで面接官の興味を惹きつけることができます。

面接官の興味を惹きつけることができれば、あいづちをうってくれたり共感してもらえることが多くなります。

また、+αで転職先で活かせる場面を想定しておくことで面接官も採用した際のことをイメージすることができ、想像が膨らみます。

たぬきち
たぬきち
作文は3ステップ構成でわかりやすく簡潔に作ろう!次に例文を紹介していくよ!

「仕事をする上で大切なこと」の5つの回答例文

前章で仕事をする上で大切なことを回答する手順3ステップをご紹介しました。

次に「仕事をする上で大切なこと」への5つの例文についてご紹介します。

協調性やチームワークなど就職活動性や転職活動性にもよく使われやすいキーワードを元に回答例文を作成いたしました。

使いやすいと感じていただければそのまま使っていただいても構いませんし、自分の実体験についてアレンジしても良いですね!

それでは見ていきましょう!

協調性

【作文例】

私が仕事をする上で大切にしていることは「協調性」です。

なぜなら協調性は人と人とを繋ぎコミュニケーションを円滑に行うことができるようになるからです。

現在の職場ではAさんとBさんが性格が合わず、お互い協力して行う商品のチェック作業もスムーズに行えて居ませんでした。そこで私はAさんとBさんとの両方に目指す方向性が同じである仕事に関して割り切って行う旨を柔らかく伝えました。

すると2ヶ月後には今以上にスムーズに仕事をこなしていました。私は仕事をする上で協調性が大切であると改めて感じました。

御社において商品の品質チェック作業に従事する上で協調性を大切にして仕事に臨みます。

素直さ

【作文例】

私が仕事をする上で大切にしていることは「素直さ」です。

素直さがないと仕事を行う上でミスをしてしまう可能性が高くなることを経験したからです。

現在携わっている経理の業務はミスが許されません。

私は自分自身のやり方で経理の業務を行ってきましたがミスをしてしまった経験があります。

その時に経理業務の正確性が高い上司のやり方や方法を素直に受け入れて実務を行いました。

すると、過去2年間経理の業務をミスすることがなくなりました。

御社に入社して研究職と未経験な職種になりますが指導していただく上司のご助言を素直に受け入れてミスを極力減らし業務に携わっていきたいです。

思いやり

【作文例】

私が仕事をする上で大切にしていることは「思いやり」です。

なぜなら思いやりがないと企業内の社員がうつ病に陥る危険性が高くなるからです。

私は同世代のAさんと人によって差別が激しい上司から業務のご指導をいただいています。

Aさんは仕事のミスが多く、上司から毎日叱責されているのを目の当たりにしています。

叱責ばかり受けて自信を無くしてしまったAさんに「大丈夫?相談乗るからね。」と日頃から声をかけ続け、仕事でミスをしないような工夫を教えていました。するとAさんの仕事のミスが少なくなり日々笑顔になっていきました。

日頃から自分と違う境遇に置かれている方に思いやりもつことは1人の人間を救うことができるので仕事において大切だと感じました。

御社で営業職を行うにあたり、契約になかなか結びつかない人や顧客様から上手くいかない人などに私の思いやりをいかしていきたいと考えています。

チームワーク

【作文例】

私が仕事をする上で大切にしていることは「チームワーク」です。

なぜならチームワークを大切にしないと仕事がスムーズに進まないことを経験したからです。

私は建設業の仕事に施工管理者として従事しています。新入社員として入社当時は現場の年配の方とのやりとりが上手くいかず建設の仕事の納期ギリギリの場合が多かったです。

そこで年配の方々のチームワーク力を向上を考えました。仕事終わりに現場の方々との話の輪を作ったり、仕事をチームで達成した時には現場の方々とわかちあったりすることで作業者のモチベーション向上に繋がりました。

御社でも施工管理者として取引先○○社の業務をご担当させていただく際にチームワークを大切にして生産性の向上を行っていきたいと考えております。

向上心

【作文例】

私が仕事をする上で大切にしていることは「向上心」です。

なぜなら私は新卒の頃から向上心を大切にし仕事に臨み、昇進したからです。

私は新卒の頃から仕事に熱心なタイプで仕事を行う上で常に向上心を大切にしてきました。

具体的には既存の弊社工場ラインの設備のコストを削減してランニングコストがかからないようにする方法はないか。新しく工場ラインを導入して省人化することはできないか。また何年後に新しい工場ラインの費用をペイできるのか。を考え抜いて行動してきました。

その結果、上司から高い支持を得て昇進いたしました。

御社の工場ラインで仕事を行う上で現状に満足せず常に良い方法はないかということを考え抜いていきたいと考えています。

まとめ:「仕事をする上で大切なこと」は実体験から

面接官から「仕事をする上で大切なことは何ですか?」と質問された時に回答する方法と例文についてみてきました。

回答する場合には構成を考えて一度紙やメモ帳などに書き出すと頭の中で整理することができます。

さらに具体的に回答する場所は自分自身の実体験と照らし合わせることで丸覚えすることなくスムーズに面接でも伝えることができるようになります。

自分自身の実体験を元に仕事で大切にしていることを面接官に精一杯アピールしましょう。

面接官を引き込める回答ができれば内定に一歩近づいたといっても過言ではありません!

椅子の座り方のマナーを学んで好印象を2倍アップする方法この記事では椅子の座り方のマナーを学び、好印象を2倍にアップする方法を紹介しています。女性が注意しておきたい座り方や就職・転職活動を行なっている方に向けた椅子の座り方などもあわせてまとめています。少し意識するだけで座り方を簡単に改善できることも多いので参考にしてみてください。...
【コロナ渦の年賀状マナー】失礼のないように書くポイントとは?コロナ渦で昨年とは少し変わる年賀状の文面。コロナ渦だからこそ年賀状のマナーはしっかりと守りましょう。例文付きでわかりやすく解説しています。この記事を読んでコロナ渦の年賀状マナーを守って送るとビジネスマナーができている人だと関心してもらえるでしょう。...
ABOUT ME
たぬきち
ブラック企業を経験した20代ブロガー。 仕事で悩んでいる方や職場の人間関係で悩んでいる方に少しでも役に立てたら と思い、仕事で経験したことや学んだことを記事にしています。 ツイッターもやってるので気軽に仲良くしてください^^