ストレス・メンタル

「仕事でパニックになる人」が落ち着いて仕事をするための3つの方法

悩んでいる人
悩んでいる人
色々と仕事を頼まれると、どれから手をつけていいかわからずパニックになる・・・落ち着いて仕事をしたいなぁ・・・
たぬきち
たぬきち
この記事は「仕事でパニックになる方」に向けて書いているよ。忙しい仕事も落ち着いて行い、パニックにならないようにしよう!

 

この記事でわかること

・仕事でパニックになる人の特徴

・仕事でパニックになるのはこんなとき

・仕事でパニックにならないための3つの方法

仕事が忙しかったり複数の仕事を頼まれるととどうしてもパニックになってしまう経験がありますよね。僕も任された仕事を全てこなそうとしてパンクしてしまうことがありました。

この記事を読むと仕事でパニックになる人の特徴や事例、パニックにならないための考え方を知ることができます。

それでは見ていきましょう!

仕事でパニックになる人の特徴

どの仕事から行うか判断がつかない

仕事でパニックになる人の特徴はどの仕事から行うかを自分で判断できません。

上司から複数の仕事を任された場合、どの仕事から行うか判断に迷ってしまいますよね。そんなときは上司から仕事を任された時に優先順位を聞いておきましょう。

  • 納期や期日はいつまでか
  • 急ぎの仕事であれば緊急性の度合い

必ず仕事には期日や納期があります。知っておくのと知らないのとでは仕事の優先順位がわからず迷ってしまいます。

全ての仕事を受け入れている

上司や部下から頼まれた仕事を全て受け入れていませんか?

親切心ですべての仕事を受け入れてしまうとパニックになってしてしまいます。ですので自分が任されている仕事に対して”どのくらい気持ちの余裕があるのか”や”どれだけの時間に余裕があるのか”を把握しておく必要があります。

気持ちや時間に余裕がない場合は部下に仕事を与えたり、仕事を断ったりすることも視野に入れておきましょう。パニックになってしまうよりも1つの仕事きっちりとをこなす方が大事です。

たぬきち
たぬきち
仕事を受け入れすぎると誰でもパニックになってしまうから注意しておこう!

1つの仕事に費やす時間が多い

他の人よりも1つの仕事に費やす時間が多いとパニックになります。

その理由は簡単で、別の自分の仕事に取り組む時間がなくなるからです。

職場には”自分よりも仕事が早い人”が必ずいますので仕事のコツや順序などを聞いて1つの仕事に費やす時間を極力減らしましょう

たぬきち
たぬきち
仕事のスピードをあげることでパニックになりにくくなるよ!

仕事でパニックになるのはこんなとき

仕事の時間がないとき

仕事の時間がない”と考えているとパニックになります。

というのも「後、30分しかない!仕事をする時間がない!」という見方をすると

時間がないということが一目瞭然です。「やばいやばい!時間がない!」とパニックに

なってしまいます。

この時に”後30分の時間をどう有効活用するか”と考え方を少し変えてみましょう。

そうすれば同じ30分の中でも有効活用する方法を考えるため、必要のない仕事の時間を削減することができます。

たぬきち
たぬきち
時間に対する見方を変えてみよう!

上司から急ぎの仕事を頼まれたとき

上司から仕事の催促があるとパニックになってしまいますよね。自分のやらなければいけない仕事もありますし・・・。

問題は「いつ上司から急ぎの仕事を頼まれるのか」が不規則なことです。上司の仕事の都合や緊急の仕事が飛び込んできた場合などが考えられます。

パニックにならないためのポイントは2つ

・上司から与えられた仕事は早めに終わらせる

・自分の仕事に時間の余裕をつくっておく

上司から与えられた仕事は催促されないようにできるだけ早めに終わらせておきましょう。

どうしても「急ぎの仕事をすぐにしてほしい!」と上司から言われたときは普段から自分が取り組んでいる仕事に余裕をもっておくとパニックになることはなくなります。

仕事が山ほどある

仕事が山ほどあるときはどれから手をつけて良いかわからず、時間が絶対に足りない!と思ってパニックになってしまいます。連休明けや繁忙期などによくみられます。

仕事が山ほどある時には”仕事の優先順位”をつけることで解決できます。

たぬきち
たぬきち
仕事の優先順位の付け方は次の段落で紹介していくね!

仕事でパニックにならない3つの考え方

仕事に優先順位をつける

「上司から仕事を頼まれた時」や「仕事が多い時」は仕事に取り掛かる前に優先順位をつけましょう

仕事の優先順位をつけるには”時間管理のマトリックス”という方法が効果的です。

以下の表をご覧ください。

③重要だが緊急ではない仕事①重要かつ緊急な仕事
④重要でも緊急でもない②重要ではないが緊急な仕事

左右軸:仕事の緊急性 上下軸:重要性

仕事の優先順位をマトリックスの表に当てはめて優先順位決めていきましょう。

そうすると”すぐに取り組まなければならない仕事”を選別することができます。

僕も仕事量が増えてくると頭がいっぱいになってパニックになります。この表を使って仕事の優先順位をつけていくと綺麗に整理ができます。

より詳しく時間管理のマトリックスを知りたい方はこちらのリンク先へどうぞ。

自分のペースで仕事に取り組む

仕事でパニックになる大きな原因は焦ることです。

ここで大切なのが自分のペースで落ち着いて仕事に取り組むことです。

いつも通り自分のペースで仕事に取り組んでいるとパニックになりにくく、仕事のミスも減らすことができるメリットがあります。

ただ、注意点が1つあります。それはいつも通りのスピードで仕事をしないことです。普段よりも仕事量が増えるので少し急いで仕事に取り組んでいきましょう。

たぬきち
たぬきち
仕事は早く!気持ちは落ち着いて!が理想だよ!

作業時間の把握

どの仕事でも”作業時間”は必ずあります。1つ1つの作業時間を把握しておくとで1日の仕事にかかる時間管理が出来ます。

作業時間(8時間)ー 1日で最低限必要な仕事時間 = 時間の余裕

時間の余裕を作っておくと突発的な仕事や緊急な会議が行われてもパニックにならず、余裕をもつことができますね。

たぬきち
たぬきち
1日の仕事量とかかる時間をしっかりと把握しておこう!

まとめ

いかがでしたか。仕事でパニックになる人が落ち着いて仕事をするための3つのポイントをご紹介しました。繰り返しにはなりますが大事なポイントをもう一度おさらいしておくと

  1. 仕事でパニックになる人の特徴を知る
  2. 仕事でパニックになる場合を想定する
  3. パニックにならないための考え方を取り入れる

自分が行なっている仕事に照らし合わせて考えていきましょう。

仕事でパニックになるとミスをしてしまう可能性もあがるので落ち着いて仕事に取り組んでくださいね。

ABOUT ME
たぬきち
ブラック企業を経験した20代ブロガー。 仕事で悩んでいる方や職場の人間関係で悩んでいる方に少しでも役に立てたら と思い、仕事で経験したことや学んだことを記事にしています。 ツイッターもやってるので気軽に仲良くしてください^^