会社

職場で馴染めないのはなぜ?自分のポジションどりをしよう!

職場で馴染めないと感じたことはありませんか?

・昼食時にうまく会話に入れない。

・自分が気を遣って話しづらい人が多い。

など職場で馴染めていないと仕事に行くことも辛く感じてしまいますよね。

当記事の全体像

・職場で馴染めない人の特徴

・【気にしよう】職場で馴染めていない期間

・職場で馴染むためのコツ

・自分のポジション取りをする

この記事を読むと職場で馴染めるようになるので仕事もやりやすく、楽しくなります。

なぜなら僕自身職場で馴染めるようになってから少し仕事への気持ちに変化があったからです。

順番にみていきましょう。

職場で馴染めない人の3つの特徴

職場で馴染めない人の特徴には性格や接し方など様々な特徴があります。

例えば下記3つの特徴です。

・内向的

・空気が読めない

・表情が硬い

自分自身が職場で馴染めない人の特徴に該当していないかチェックしてみてくださいね。

内向的

内向的な性格の方は職場でうまく馴染めないことが多いです。

理由の1つとして自分から積極的にコミュニケーションを取ることを好まない。

苦手だと感じているからです。

初めは知らない人に話しかけるのは抵抗がありますよね。

挨拶を交わしたり、仕事の内容を聞いてみたり話すキッカケをつくり、自分からコミュニケーションを取ることで内向的な性格を少しずつ改善していきましょう。

空気が読めない

職場で馴染めないと感じている人は空気が読めない人です。

例えば

昼食時にみんなで楽しく会話をしている中で

・いきなり全く違った会話をもちかける

・食事中なのにかなりうるさい

・食事中に音を鳴らして食べる(マナー違反)

など空気が読めない人は職場の人に敬遠されがちです。

直接空気が読めていないことを指摘してくれる方であれば容易に気づくことができます。

しかし、直接指摘してくれる人は日本人の方の性格の傾向から一握りでしょう。

空気が読めないのは気づきにくい部分でもあるので日頃から気にしておく必要があると言えますよね。

表情が硬い

表情が硬い人=職場で馴染みづらい人

というイメージを相手に与えてしまいます。

自分では表情が硬いと思っていなくても職場の方から表情が硬いと思われてしまうと話ずらい雰囲気が漂います。

人は第一印象で判断することが多いので一度も話したことがない方には注意しておく必要があります。

【気にしよう】職場で馴染めていない期間

職場で馴染めていない期間を気にしたことはありますか?

もしあなたが職場で馴染めていない期間が長いのであれば気にする必要があります。

その理由は職場に馴染めていない期間の長さは今後も馴染めない期間が長くなる可能性があるからです。

就職・転職後に入社してからと起算して職場で馴染めていない期間についてみていきましょう。

3ヶ月

職場で馴染めていない期間が3ヶ月の場合は特に気にする必要はないです。

なぜならどんな人が社内にいるのか不明確な部分も多いですし、一度に顔も名前も覚えられないからです。

入社してから3ヶ月の場合は職場に馴染むと言うよりは先輩や自分の話しやすい人を1人見つけることが大切だと言えるでしょう。

半年

入社してから半年が経過すると、職場の人の中でグループができていたり自分と価値観が合う人が段々わかってきます。

そこで

・自分はどのグループに属するのが気を遣わなくて済むのか。

・どんな人と今後関わっていくと職場に馴染みやすくなるのか。

ということを念頭において関わる人を見つけていくと職場にも馴染みやすくなります。

半年間という期間は意外と長い期間になるので入社後半年までには話しやすい人やグループを見つけておきたいところです。

3年

3年が経過すると職場の人の性格や考えていることや行動、周囲の人からの評判など様々なことが見えてくる時期でしょう。

3年経過しても職場に馴染めていないのであれば

・自分に問題がある

・会社側に問題がある

上記2つのどちらかが原因でしょう。

3年経過していると孤独に繋がってしまう場合も多く、グループに入ることや今後も馴染めない可能性が高まります。

でも心配ありません。

次にご紹介する「職場で馴染むコツ」を実践することで少しずつ馴染めるようになってきます。

職場で馴染むコツ【孤立をなくす】

孤立をなくして職場で馴染むためにはどのような働きかけを行えば良いのでしょうか。

僕が職場で実践して効果が得られたのは下記のたった3つだけです。

・挨拶

・笑顔

・会話

「1日で職場で馴染む」裏技的なものではありません。

大事なのは1日1日を大切にして職場に馴染んでいくこと。

1つずつ見ていきましょう。

挨拶

挨拶は職場において基本中の基本です。

知らない人、目上の人、すれ違った人など自分から積極的に挨拶を交わすように心がけておきましょう。

稀に職場の人から挨拶が返ってこないこともありますが気にしないでOK。

挨拶を返さない人はモラルがない人だと捉えることができますよね。

決して挨拶した側が悪いわけではありません。

挨拶が職場で馴染みやすくなる理由は仕事でお世話になるときや相談事があるときにグーンと話しやすくなるからです。

笑顔

「笑顔づくり」は相手との隔たりをなくすために大切な非言語ツールです。

無表情で話しているのと笑顔で話しているのとでは相手の気持ちの幸福度が変わります。

職場の人が忙しいときやイライラしている時には笑顔はNGですが、普段の挨拶や会話に笑顔をプラスすることは

・「すごい話しやすく馴染みやすい人だなぁ!」

という印象を与えてくれます。

会話

職場で馴染むコツの最後は”会話”です。

職場でスムーズに馴染む上で最重要項目といっても過言ではないでしょうか。

職場で馴染めない人の多くは

「職場の人と何を話したらいいかわからない」

と悩んでいることでしょう。

職場の人と馴染むには基本は聞く姿勢から。

加えて疑問に思ったことは適度に質問したり、なるほど!と感じたことは共感したり。

会話は自分から話すことがすべてではありません。

聞く姿勢から自然と繋がっていくものなのです。

ラポール形成で鋼の信頼関係を。知識不要の3ステップで実践しよう!ラポール形成について言葉の意味や使い方について知らない人も多いのではないでしょうか。当記事ではラポール形成は大きな信頼関係につながること。そして知識不要ですぐに使える方法をご紹介しています。今以上に大きな信頼関係が築けるようになりますよ。...

自分のポジションどりの考え方

職場で馴染めない人の特徴、期間、コツなどについてご紹介してきました。

しかし、全てを実践しても職場で馴染めるようになるとは限らないのです。

なぜなら人それぞれ価値観や考え方も違うからです。

性格や考え方、人物像などの不一致で職場に馴染めないこともあるのです。

職場に馴染めない時の1つの考え方として「自分のポジションどり」が大切になります。

自分が職場に置いてどのポジションに該当するのかを考えることです。

自分のポジションどりをするために

自分はどんな性格で考え方をもっている人なのか

ということを振り返っておきましょう。

職場ないで客観的に判断することで自分が存在するべきポジションが見えてきます。

職場に馴染めない時でも時には気にしないで割り切る。といった考え方も重要になってきます。

まとめ:職場に馴染むには「早さ」と「行動力」

職場に馴染むためには期間をかけすぎず行動に移すことが大切です。

入社1ヶ月後の社員のイメージと入社3年後の社員のイメージとでは大きな違いが生じます。

在籍期間が長ければ長いほど職場の人からのイメージは定着していきます。

「職場に馴染めない人」と思われないように入社後できるだけ早い段階でみんなの輪に入ることを目指しましょう。

「仕事が続かない人」のたった1つの根本原因とは?この記事では仕事が続かない人に向けて根本的な原因解決ができる様に記事をまとめています。この記事を読むと仕事が自然と続けられる様になります。仕事を無理せずに続けられると人生が豊かになりますよ。...
仕事を辞めたいときは2つの選択肢から逆算思考で解決!新卒や第2新卒の方がストレスで仕事を辞めたいと思った時には2つの選択肢から逆算思考で考えて解決しましょう。「仕事を辞める場合」と「仕事を続ける場合」の2通りの考え方をまとめていますので良ければ参考にしてみてください。...
ABOUT ME
アバター
たぬきち
ブラック企業を経験した20代ブロガー。 仕事で悩んでいる方や職場の人間関係で悩んでいる方に少しでも役に立てたら と思い、仕事で経験したことや学んだことを記事にしています。 ツイッターもやってるので気軽に仲良くしてください^^