未分類

【経験談】接客業から転職に成功した3つステップと考え方について

「接客業から他の業界に転職するのは難しいのかな?・・・」

「接客業を活かした転職先はどんな仕事があるのかな?」

接客業を経験している方はこう悩んだ経験があるのではないでしょうか。

こんにちは。接客業を2年経験し、未経験の製造管理職に転職に成功したたぬきちです。

僕も接客業から転職を考えている時に未経験の他職種に転職できるのかな?・・・と日々考え込んでいました。接客業はシフト制でなかなか転職に費やす時間を確保するのも難しかったです。

この記事でわかること

・接客業から転職する前に注意しておくべき3つのこと

・接客業を活かした転職を行うための考え方

・接客業から未経験職種に転職を行うための考え方

・接客業から転職するための具体的な3ステップ

・僕が接客業から転職に成功した経験談

この記事では接客業から転職するための大切な考え方を学び、これから転職を成功するための具体的なステップを学ぶことができます。

接客業から転職を検討している方には是非参考にしていただきたいと思います^^

たぬきち
たぬきち
それでは順番にみていこう!

接客業から転職する前に注意しておくべき3つのこと

接客業から転職する前に注意しておきたいことが3つあります

・接客業を行いながら転職活動する

・転職する計画をしっかり立てる

・35歳以降は転職難易度がかなり上がる

1つずつ詳しくみていきましょう。

35歳以降は転職難易度がかなり上がる

どの職種にも該当することですが35歳以降の転職はかなりハードルがあがります。(経験者で即戦力は別です)

接客業から転職活動を行う場合も同様で、転職は早ければ早いほどベストです。

早く転職しろ。といっているのではなく、転職する期間が短ければ短いほど転職先で仕事を学べる期間が長いからです。

昔は、

「仕事を辞めるのは根性がないからだ」

「仕事は3年は続けろ」

のような発言をされた方もいるかと思いますが、今は転職が当たり前の時代です。

転職する計画をしっかり立てる

転職することを決めたら転職に使う期間を明確にして計画スケジュールを作成しましょう。

一般的には就職まで2〜3ヶ月と言われています。転職することを決めたら2〜3ヶ月で転職先を見つける計画を立てます。

この計画をしっかり立てていればズルズルと転職を始めてから1年が経ってしまった・・・というような事態を防ぐことができます。

接客業を行いながら転職活動する

「接客業は忙しいから辞めてから転職する」という方が居ますが

僕の個人的な意見ではNGです。

転職活動は何十社にも応募しますし選考も多い企業では3回ほど面接があります。

それに加えて昼食代や交通費などを考えると結構な金額になります。

接客業を辞めてから転職活動を行うと、早く転職先を決めないといけない精神的なプレッシャー金銭的に厳しい状況が続きます。

たぬきち
たぬきち
接客業でも週休1日は休みがあるよね。転職活動しながらだと休めないけど今後の自分の人生のために頑張っていこう!

接客業を活かした転職を行うための考え方

接客業の経験がある方はコミュニケーション能力が長けている傾向にあります。

コミュニケーションを活かす職種って全職種にも該当します。

これは言い過ぎではなく、どの企業も求人票などに記載している通りコミュニケーション能力を重視しているのは事実です。

コミュニケーションという言葉は非常にあいまいな表現ですので

コミュニケーションの経験を転職先にどう伝えるか?

がとても重要なことになります。

実際に面接で

「以前の仕事でどんな経験をしてきましたか?」

という質問がきたので

僕が転職先での面接では料理人として飲食業をしていたときのお客様とのコミュニケーションを大切にしてきたことを伝えました。

年配の方にはゆっくりとした話し方で出来るだけ入り口から近くの席にご案内をしていた。ニュースや天気などテレビをみているとお話しできるような内容や、年配の方は健康に気を遣う方も多いのでスポーツの話などを積極的に行ってきました。日頃から少しずつ会話をしているうちに自分に会いにきたと言ってもらえるように自分のお客様になりました。

コミュニケーションという1語とってもかなり具体的な内容なので面接官の方はウンウンなるほどね!と納得した様子でした^^

少し話を戻しますが

コミュニケーションの経験を転職先にどう伝えるか?

解答は自分が接客業で経験したことをより具体的に気持ちを込めて伝えることです。

接客業は汎用性の高い職業なので、どの職種でも志望動機に繋げやすいです。

自分が接客業で経験したことを思い出し、より具体的に手順をまとめておきましょう。

接客業から未経験職種に転職を行うための考え方

接客業から未経験職種に転職を行うために大切な考え方を2つお伝えします。

・接客業で学んだことを転職先でどう活かせるか

・未経験の職種でどう頑張っていきたいか

未経験の職種に転職する前にはこの2つの考え方が大切です。

順番に解説していきますね^^

接客業で学んだことを転職先でどう活かせるか

接客業ではお客様とのコミュニケーションをとることがメインになることが多いと思います。

・接客業でお客様のコミュニケーションをとる時に心がけたこと

・接客業でお客様とのコミュニケーションをとる時に注意したこと

・接客業でお客様とのコミュニケーションを交わして得られた実績や結果

接客業を通じて自分はどんなことを大切にしてきてどんなことにぶつかってどう改善してどんな実績や結果が得られたのか。そしてさらにこの実績や経験を未経験の転職先でどう活かせるのか

この考え方はとても重要です。

面接官を納得させるため、より具体的に述べて抽象表現は避けましょう。

人それぞれ接客業をしてきて感じた経験や体験は違いますよね。

自分が接客業を通じて学んできたことや感じたことを振り返り、ノートに整理してみることをおすすめします^^

未経験の職種でどう頑張っていきたいか

未経験の職種だと今後の取り組み方を長期的に考えることが大切です。

例えば

「未経験の職種でものづくりを頑張りたいです。」

極端ですがこれはダメな例です。

漠然としすぎていて説得力に欠けます。

では良い例を1つ挙げてみましょう。

御社のチョコレートの製造工程でお客様に満足していただける製品を作りたいと思いました。ホームページには製造工程で約3年で管理部門への配属をされる方も多いと書かれており、製造工程だけでなく管理部門の業務も経験して自分のスキルアップを図りたいです。

ホームページをしっかりみて企業研究していることや今後の自分の将来像が具体的にわかりますよね。この方なら自社で頑張ってくれそうだ。という印象を与えます。

たぬきち
たぬきち
未経験の職種でどう頑張っていきたいか将来のことまでしっかりと考えているということを具体的に伝えよう!

接客業から転職するための具体的な3ステップ

接客業から転職するための具体的な3ステップをお伝えします。

大きく分けて以下に3ステップです。

①転職サイトや転職エージェントに登録する

②希望する未経験職種の求人を探す

③書類の作成と面接対策

たぬきち
たぬきち
ポイントも合わせて順番に解説していくね!

転職サイトや転職エージェントに登録する

転職サイトや転職エージェントに登録することから始めます。

出来れば転職サイトと転職エージェントの両方を登録しておきましょう。

登録するのは面倒ですが、効率よく転職活動をするための第一段階です。

接客業ということもあり、休日はなかなか日程調整をするのが難しかったです。

ですので僕の場合は仕事の休憩時間にまずは転職サイトへの登録とエージェントへの登録を済ませ、平日は転職サイトをメインに自分にあった求人を探したりオファーを待ちをしていました。

希望する職種の求人を探す

転職サイトや転職エージェントに登録したら希望する職種を探します。

この時、職種の求人を探す時のポイントが2つあります。

・業種はできるだけ絞る

・応募する企業は10〜20と幅広く応募する

業種を幅広くしすぎると

「接客業からの転職なら製造業があまり人と話さなくて良さそう。」

とか、

「営業職の中ででルート営業だと接客の経験も活かせそうだし選考通過しそう。」

などと

「この業種もいいな」

「あの業種もいいな」

などと目移りしてしまいます。

業種を1〜2くらいに絞っていないと志望動機もバラバラに考えることになります。

時間もかかりますし大変です。

ですので業種は出来るだけ絞って考えるようにしましょう。

そして業種を絞ったら応募する企業は10〜20と幅広く応募することです。

接客業を行いながら転職活動をする上で希望する企業が見つからないから

2〜3社だけ応募して選考を進めていると、選考に落ちた時にまた1からのスタートになります。

モチベーションもさがりますし、転職活動が効率的に行えているとは言えないので注意が必要です。

書類の作成と面接対策

いよいよ書類作成と面接対策に入っていきます。

転職エージェントに登録しておくと書類作成と面接対策はサポートが充実しているので対策面でも転職エージェントは登録しておいた方が良いですね^^

転職エージェントには転職サイトで見つけた企業についても相談していました。

求人情報が多い転職エージェントだったので似ている非公開求人も紹介していただきました。

また、転職サイトから応募をして自分で書類作成を行う場合は書き方やポイントをしっかりと押さえた上で作成しましょう。

特に大事なポイントが字の丁寧さと写真です。

中途採用のある企業の人事部は写真が指定の枠内に入っているかどうか

だけで選考する場合もあるそうです。

写真1枚で書類選考が落とされると思うとゾッとしますよね・・・。

僕が接客業から転職に成功した経験談

接客業を経験した僕が転職に成功した実体験をお伝えしていきたいと思います。

僕は学生時代アルバイトでの接客経験ありました。その経験を生かせば就職活動が有利になるんじゃないかと考え、営業職への正社員求人を見ながら就職活動を行いました。

ただ、経験していたにもかかわらず内定が貰えませんでした。そこで幸運なことにアルバイト先の上司から接客経験もあるとのことでオファーを貰いました。

その時の気持ちはすごく嬉しかったですし、「これから頑張ろう!」という気持ちになりました。

どの会社でもそうですが上司に認められるとすごく嬉しいですよね^^

そこから書面での契約や取締役との面接もなく、業務に携わることになりました。

しかし・・・。飲食業界で1ヶ月勤務して思いました。

「お、おい・・・勤務時間に対しての残業代が30分しかついていない・・・」

と労働基準法を考慮せずみなし残業制度をかなり悪用していたのです。

半年後には「20代前半の若い年齢でこのままでいいのかな?」といった疑問を持ちはじめました。

でも、どうせやるなら料理の技術を奪ってやろう!と思い、2年の実務経験を積み、調理師免許を取得しました^^

ただ、そこから転職活動をするとなると、書類審査、面接の日程調整が必要になってきます。

もちろん1ヶ月に休みは4日あれば良い方でして、そんな時間は取れないな・・・と半ば諦めかけていました。

色々と転職サイトを見ている中でリクナビネクストに登録、リクナビエージェントを利用しました。(機能が連帯していたので使いやすかったです)

決めた理由は口コミ評価が良かったこと大手企業なのであまりブラック企業は少ないだろうと思ったからです。

学生時代の就職活動において利用していたマイナビネクストも同時に利用し始めました。

まとめ

いかがでしたか?

接客業から転職を成功させた僕の体験談をまとめました。

接客業から転職する時の考え方を参考にして具体的な3ステップを順番に行なっていきましょう。

20代は”若さ”という武器があります。1年しか接客業を行っていないから未経験職種は難しい・・・。などと悲観しなくて大丈夫です。

気付いたら年齢が・・・と後悔するよりは行動した方が当然いいですよね。

今後の自分の将来を見据えた上で転職活動をするのは大切なことです。

大きい決断ですが、その先には明るい未来が待っているはずですよ^^

ABOUT ME
アバター
たぬきち
ブラック企業を経験した20代ブロガー。 仕事で悩んでいる方や職場の人間関係で悩んでいる方に少しでも役に立てたら と思い、仕事で経験したことや学んだことを記事にしています。 ツイッターもやってるので気軽に仲良くしてください^^