タイピング

タイピング上達期間はどのくらい?たぬきちのタイピング物語

こんにちは。e-typing検定1級取得者のたぬきちです。

この記事では僕がタッチタイピングができるまでに至った物語についてお話しします。全て実話です。

僕もタイピングが出来るようになるまでの道のりは長く

・「インターネットで色々調べてもタイピングが速くならない・・・」

・「誰も周りに教えてくれる人がいない」

・「今の自分の練習方法が合っているのかどうかもわからない」

このような感情を日々抱いていました。

そして、今となってはキーボードを見ずに画面を見ながらカタカタ打てるようになりましたが練習もやったりやらなかったりでブラインドタッチをマスターするまで約1年はかかりました。

そんな苦労や挫折経験を期間ごとにまとめましたので良ければ読んでみてください。

タイピング練習【1日目〜1週間】

タイピング練習期間の中で最も僕自身が密度の濃い時間だと感じた期間です。

鮮明に覚えていますので当時の状況をお話ししていきます。

タイピング練習1日目〜3日目

「タイピング練習をするぞ!」と決めてから

1日目はホームポジションに手を添えるところから行いました。

もともと右手人差し指と左手人差し指一本ずつで打っていたので違和感でしかありませんでした(笑)

そして1日目は1時間ほど練習する時間を決めました。

まずは無料のタイピングソフトをインターネットで検索っと・・・。

当時も最初に目についたのが寿司打でした。

回転寿司が流れていく前に打ちきる無料のタイピング練習ソフトで気楽にやろうと思っていましたが・・・

ホームポジションでの指の使い方が全くわからずお皿がどんどん流れていき、赤字ばかりでした^^;

楽しめるはずもなく1日目のタイピング練習が終了してしまいました・・・。

タイピング練習2日目は昨日のタイピング練習を元に少し出来るようになっているかな?と思いつつ取り組みましたが、ほとんど出来ておらず・・・

第一回目記念すべき挫折!!!!

早すぎですよね(笑)三日坊主にもなりませんでした。

3日目のタイピング練習は前日挫折しているのでホームポジションでのタイピングは行わず、従来の右手人差し指と左手人差し指一本ずつ打法(勝手に命名)に戻りました。

「やっぱり前の打ち方のほうが速いしなぁ〜」と思いながらカタカタ打ち込みをしていました。

タイピング練習3日目〜1週間

3日目以降も打ちやすいタイピング右手人差し指と左手人差し指一本ずつ打法でずーっと練習していました。

人差し指2本で大体位置感覚もつかめてきたから後は指を早く動かせれば・・・と思いながら練習を続けていました。

1週間が経過しましたが

とにかく速く打つ!!!!

そんな気持ちで練習をしていたのを覚えています。

タイピング練習【1週間〜1ヶ月】

1週間から1ヶ月間もひたすらタイピング練習、練習の積み重ね。

そこで僕は人差し指2本ではなく中指も2本使おうと決めました。

ブラインドタッチができずに初心者の方には中指と人差し指の合計4本を使ってキーボードを見ながらタイピングしているかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

中指と人差し指の4本はかなり使いやすいですよね。

1ヶ月間練習時間はだいたい1日1時間〜2時間までで頑張ってきましたが

寿司打をメインでやってきましたが結果が出ず

2回目の挫折!!!!!

全然速くならんやん・・・練習時間が勿体ないと思い始めていました。

タイピング練習【1ヶ月目〜1.5ヶ月ほど】

タイピング練習1ヶ月目から1.5ヶ月目までは

絶賛サボり期間

です。

もうタイピング練習が嫌になってしまって

キーボードから距離を少し置いて練習もテレビ見ながら、雑誌を読みながらなど

ながら練習を繰り返していました。やっぱり速くならないと・・・そう思ってサボりながらも挫折を何度も繰り返した期間でもあります。

挙げ句の果て必要最低限以外キーボードには触れなくなりました。

タイピング練習3ヶ月目・・・ある出来事が

タイピング練習サボり期間3ヶ月目の7月に友人の家にお邪魔してゲームをしに遊びに行きました。

そのとき友人からお昼ご飯を作ってもらってる最中に、隣から何やらお兄さんがパソコンを打っているような音が・・・。

僕もタイピングには少し自信があったのでどんな感じなのかな?とチラッとみてみると

カタカタカタカタ!!!!!!!!!!!

物凄いスピードでタイピングしていたんですね。

しかもキーボードを見ずに画面見ながらホームポジションで。

めちゃめちゃびっくりしましたよ当時は。タイピング練習に自信が少しあったのが見事に打ち砕かれました・・・。がっくりしましたね・・・。

それと同時に

「マジで画面見ながらタイピング出来るようになりたい!!!めっちゃ速い!」

と思うようになりました。

今となって思いますが当時ブラインドタッチがホンマに速い人を見ていなかったら今の自分のブラインドタッチはなかっただろうと思います。

ちなみに友人のお兄さんは無口でクールな人柄だったのでタイピングを心優しく教えてもらう機会はありませんでした。(泣)

タイピング練習【3ヶ月目〜6ヶ月目】

なんとかタッチタイピングができるようになりたいと思い、3ヶ月目からまたタイピング練習を再開しました。

ホームポジションを守って一歩ずつ着実に。

人差し指と中指を使っていた頃に比べると当然スピードは激落ち。ストレスとの戦いでした・・・。

4ヶ月目くらいに、ほんの少しだけキーボードの位置が覚えてるかな?という状態になりました。

指の動かし方は少しだけ覚えてきたけどまだまだ1ヶ月前に見たカタカタカタカタには到底及びません。

でも

「ちょっとできた。やった!」

という気持ちを大切に一歩ずつ前進していきました。

そんな小さな目標を達成していくうちに6ヶ月が経った頃、かなり指の動かし方を覚えてきました。

まだ少しキーボードは見ているけれども「ちょっとずつ速くなっている!」実感は出ていました。

タイピング練習6ヶ月目〜1年

タイピング練習(サボり期間を含めて)を初めて約1年。

ちゃんとタイピング練習してきた期間は9ヶ月くらいかなと思います。(3ヶ月からの出来事からなので)

9ヶ月って結構長いですよね。ゆっくりではありますがやっと画面を見ながら打てるようになってきたかなと言う感じです。

また、当時は寿司打を使っていましたがひよこタイピングやMIKAタイプ、TW(タイプウェル)など幅広いタイピング無料ソフトも使うようになりました。

僕がe-typing検定1級に合格したのは令和元年と最近ですが長い期間試行錯誤をしてやっとたどり着けたなと思いました。

今ではありがたいことに職場でも

・「おお!たぬきちタイピングはや!!!!」

・「なんでそんな速く打てるん?打ち方教えて」

と声をかけていただけるようになりました。

まだまだ国内トップタイパーには程遠いですがWEBライターとしても活動しているので日々練習を積み重ねています。

最後に

僕がタイピングができるまでのエピソードについてお話ししてきました。

山あり谷ありでタイピング練習をサボった時期も多かったですが、僕の中で友人のお兄さんのブラインドタッチを目の当たりにしたのはいい刺激になりましたしきっかけになりました。

この記事を読んでくださっている方は

・「たぬきちさんはタッチタイピングができるまでどんな経験をしたのかな?」

・「自分も頑張ったらタッチタイピングができるようになるかな?」

と思っていらっしゃる方が多いのではないかと思っています。

生まれつきタイピングができる人はいませんし、僕も最初からセンスがあった人間でもありません。努力が実ったなと実感しています。

タイピング初心者の方におすすめの練習方法をご紹介しています。効率よくタイピングが出来るようになりたい人はぜひ参考にしてください!

タイピング初心者がグングン伸びる練習方法をベテランが伝授!タイピング初心者は上達しない練習方法をしている場合があります。この記事ではタイピング初心者が早くなるコツや練習手順を詳しくご紹介しています。タイピングの基本を学んでタッチタイピングの習得を目指していきましょう!...
ABOUT ME
アバター
たぬきち
ブラック企業を経験した20代ブロガー。 仕事で悩んでいる方や職場の人間関係で悩んでいる方に少しでも役に立てたら と思い、仕事で経験したことや学んだことを記事にしています。 ツイッターもやってるので気軽に仲良くしてください^^